革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

CGを利用する利点

CGを利用してパンフレット制作を行う利点

分譲マンションを販売する時にはマンションのパンフレット制作を行い、分譲マンションの魅力を購入希望者に対して伝えると言ったマーケティングを行います。
分譲マンションを販売する場合、モデルルームを開設して、室内の様子などを実際の目で見て貰う事が出来ますが、分譲マンションの外観や周辺エリアとの調和などについては建設前と言うことからも購入希望者に対して伝えることが出来ません。

分譲マンションの場合は、販売開始時のタイミングとして更地の状態、着工後、ある程度完成してからと言った具合に様々であり、ある程度完成してくれば分譲マンションの全貌が明らかになり、周辺エリアとの調和や分譲マンションの全貌が明らかになりますが、販売開始となるタイミングが着工後などの場合や更地の場合では写真の撮影を行うことが出来ません。
しかし、CGを使う事で写真と同じように利用することが出来るなどのメリットが在り、パンフレット制作が可能になります。

CGはコンピューターグラフィックスであり、現実に無いものを、コンピューターを使って書き上げるもので、分譲マンションを設計する場合には3次元CADを利用して設計図が書き上げられており、3次元CADデータを利用することでCGを作り上げることが出来ます。
何もない状態からCGを書き上げるとなると時間も手間もかかりますし、パンフレット制作におけるコストも割高になりますが、設計図を流用する事で低コストでのパンフレット制作を行うことが出来ると言うメリットが有ります。

また、分譲マンションの外観だけではなく、室内の様子などについても3次元CADデータを利用してCGを作り上げることで、室内に利用する設備や家具類などを追加して挙げることで、現実に存在している室内の空間を演出する事が出来ると言ったメリットが有ります。

パンフレット制作を行う場合、既に存在している物をパンフレットに掲載する場合は写真を利用することが出来ても、これから造り上げる構造物などの場合は写真を撮影する事が出来ないため、CGが有効な描写手段と言うことになります。

また、分譲マンションなどの建築物以外にも、物における構造体の内部をパンフレットに掲載したい場合など、直接目にする事が出来ない部分についてはCGを利用することで描写する事が出来ます。
例えば、機械の内部構造などをパンフレットに掲載したい時、自動車の内部構造をパンフレットに掲載したい時など有効な手段になります。