革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

わかりやすく制作

わかりやすいパンフレット制作を行うコツ

パンフレットは商品やサービスなどの説明を行う目的で制作を行う印刷物であり、パンフレット制作を行う時には、パンフレットを利用する人にとってわかりやすい文章を考えてパンフレット制作を行うことが必要となります。
誰が読んでも意味が通じやすい文章を考えてパンフレット制作を行うことで、多くの人々がパンフレットを読んだ時に理解し易いものとなります。

しかし、文章を考えていると、この文章は果たして誰が読んでも理解し易いものなのかと疑問に感じる事も在ります。
パンフレット制作を行う人は文章を書いている時など、その内容についての理解をしているわけですが、初めてパンフレットを読む人にとって、今書いている文章が、誰が読んでもわかりやすいものかどうかを判断する事が難しいケースも有ります。

どのような文章を書いているのかにもよりますが、説明を行う場合には文章だけではなく、文章では表現が出来ない部分についてはイラストや写真などを利用してよりわかりやすい文章を書き上げることもかのうになります。

操作方法や手順などの説明を行う場合には、文章だけで操作を順序立てて説明をしていても、パンフレットを読んでいる人には伝わり難いこともあります。
しかし、操作方法や手順を説明する時に、操作画面などの写真を併記してあげることで、パンフレットを読む人は画面を見て、パンフレットの写真と比較をして、操作における説明を読みながら、どのように画面が変わる野かを知ることが出来るなどのメリットにも繋がります。

会社案内などのパンフレット制作においても同じで、これから取引を行いたいと言う企業は、会社案内と言うパンフレットを読んで、取引先として選んだ会社の得意とする分野がどのような事なのか、と言ったことを知ることで取引相手として良いのかどうかを把握する事が出来ます。

この場合、パンフレットに掲載されている文章が、誰が読んでも理解し易いものであれば、取引先として決めている企業が得意とする事業がどのような事なのかを知ることが出来るわけですが、専門用語などが記載されている場合などでは、理解が出来ない部分も出てくるため、良いパンフレットとは言えません。

しかし、専門用語を利用する場合でも、専門用語がどのような意味を持つ事なのかと言ったことが備考欄などに記載されていることで、パフレットを読むだけで、企業が得意としている事業にはどのような事があるのかと言ったことをパンフレットを見る事で解るなどのメリットが有ります。