革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

文字サイズ

パンフレット制作の豆知識、文字サイズについて

パンフレットには製品案内や会社案内などの種類が在ります。利用方法としては、営業マンがパンフレットを使って営業トークを行いながら製品紹介や会社の紹介を行う方法と、ダイレクトメールとしてパンフレットを送付し、ダイレクトメールを受け取った人が送られて来たパンフレットの内容を見て、魅力を感じさせるという方法、そして店頭などにパンフレットを置いておいて、
自由に持ち帰ることが出来るようにする方法などが挙げられます。

これは利用方法に応じてパンフレット制作の方法を考えなければならないと言う事でもあり、同じようなフォーマットでパンフレット制作を行っていると魅力を顧客に伝えることが出来るパンフレットにならないので注意が必要です。
店頭に置いて在るパンフレットやダイレクトメールとして送付するパンフレットと言うのは、営業マンが説明を行う事も無く読み手に理解をしてもらう事が求められるため、解りやすい内容に仕上げていくことがパンフレット制作には求められます。

ダイレクトメールは送り先が決まっていますが、店頭に置いて在るパンフレットはいろいろな種類が在り、自社のパンフレットを持ち帰ってもらうためには表紙デザインを作り上げるパンフレット制作を行う事が大切で、表紙の文字サイズなどを大きくして目立たせると言った工夫を取り入れたり、パンフレットの中に記載されている文字サイズを変化させていく工夫も大切です。

文字サイズと言うのは、章や節、本文と言った具合に3段階に変化をさせてパンフレット作成を行うケースが多く在りますが、表紙においては差別化を図る目的で目立つ大きさの文字を使うケースが在ります。
例えば、身近なところにあるパンフレットで言えば旅行ツアーのパンフレットがこれに該当します。

旅行ツアーのパンフレットの表紙に使われている行先を記した文字と言うのは、文字サイズがとても大きなものとなっています。
旅行ツアーを手掛ける旅行会社は数多く在るため、他社との差別化を図る目的で文字サイズを大きくして目立たせると言った工夫や、行先を明確にする目的文字サイズを大きくすると言った工夫を取り入れています。

旅行会社の店頭などに設置されているラックには多方面への行先が記されたパンフレットが置いて在りますが、旅行先を決めている人であれば、大きな文字で記載されたパンフレットを持ち帰り、旅行先を決めていない人は、どこに旅行に行こうかと考えている時、大きな文字で記載されている県名などを見て決めると言った形でパンフレットを利用する事からも、表紙に工夫を取り入れる事が大切です。